忍者ブログ

[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [44]  [45]  [43]  [42]  [41

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新記事

プロフィール

HN:
ささや
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転職活動をするとき、必ず必要なのが履歴書です。
転職サイトを通して応したとしても、1次選考が通って面接に進めばほぼ100%履歴書が必要になります。
これは大抵の職業に共通していることで、たとえば専門職のひとつである薬剤師の履歴書も例外ではありません。
最近では「履歴書の雛形」なんてものがネットにいくらでも転がっていますから、それを使えばいいじゃん!と思うかもしれませんが
募集している企業がいったいどれだけの履歴書に目を通していると思いますか?コピペした履歴書だということは採用担当者にすぐにバレます。
例えば志望動機。「貴院の企業理念に大変感動し・・・」?
そんな使いまわしの内容ではいけませんよー!企業研究というのはとても大切なのです。
応募した企業のことを出来るだけ調べて、その応募先にしか当てはまらないことを、自分の言葉で書かなくてはいけません。
そして、応募先と自分がマッチングするように書かないと勿体無いです。
例えば、門前薬局で多くの診療科の処方箋を扱うところに履歴書を出す場合。
志望動機に「これまでの内科、精神科の処方に特化し、さらに専門性を高めていきたいと思い応募しました」
ん?総合門前に応募するのに、志望動機がズレていますよね?
まあこの例は極端だと思いますが、履歴書というのはしっかり書かないとダメだということです。
薬剤師は専門職だし人出不足だから、選べなければ転職は簡単、と思う人もいるかもしれませんが…
そう思っている薬剤師はあなた1人ではないんです…
…以上のようなことを、先日初めて転職エージェントに登録したときに、コンサルタントさんから言われました…
わたし、調剤薬局勤務3年目、仕事辞めたい病で困っている薬剤師です(苦笑)
ここまでキツく言われたわけじゃありませんけどね。
あなたの考えは甘いですよ、ということを遠まわしに言われました。でも、言ってもらえてよかった!
どうして転職したいのか、これからどんな薬剤師人生を歩んでいきたいのか、きちんと考えてみたいと思います!
PR